*為になるはなし* 職人さんのお茶出しはどうしたらいいの?

前回のトイレの事につづきまして

今回は職人さんへのお茶出しの話です。

 

お客様からもよく質問があるのですが

昔から10時と3時の休憩時のお茶出しの習慣も

ありますが、近年ではそういった習慣も少なくなってきています

 

サンセイ塗工としまして

お客様のご負担を減らすためにも

お心遣いは無用ですとお伝えしています。

 

「それは楽でいいわ」という方もいれば

「本当にいいの?それはそれでなんとなく気が引けるわ」

という方もお見えになります

 

実際、現場で働く職人にしてみると

「お気遣いしていただくのは不要ですが

出して頂けるのならうれしい」

というのが本音でしょう。

 

やはり、機械ではなく職人、人が作業をします。

塗装の工事の期間中は毎日顔を合わせる職人さんです

やはり人と人との関係なので

声をかけていただいたり、お茶をだしていただければ職人さんも気持ちよく作業出来ます

 

お茶を出す、出さないで仕上がりが

変わるわけではありませんが、

職人も人間ですので、気持ちよく作業ができれば

よりやる気になり、お客様のお家を

頑張って綺麗にしようという気持ちも強くなるきがします

 

10時と3時に必ずだそうとおもうとお客様も

大変ですし負担になってしまいます

また職人もその日の作業の都合でキリがついたら

休憩にしたり、休憩しないでつづけてやる時もありますので

 

たとえばお茶出しの方法として、

クーラーBOXなどに

お茶やスポーツドリンクなどをいれて

朝だしていただくというのがベストな方法なのかなと思います

 

それもこれも

お客様のお気持ち次第だとおもいますので

強制ではないですしお客様の

ご負担にならない範囲で出す、出さないは決めていただいて

いいと思い思います

 

それでは

少しでもお役に立てれば幸いです

PAGETOP