*為になる話* 下に塗られている塗料との関係性

おはようございます

 

今日のちょっと為になる話は

塗り替えをする際の注意点でもある

「下の塗料との関係性」です。

 

現場診断の時の注意点などで

何度かお話しさせていただいた事が

あるかとは思いますが、

塗り替えをする際に一度塗られたことがある場合は

前回塗替えした時に使用している塗料が何なのか

という事が関係してくることがあります。

 

シリコン塗料なのか、フッ素塗料なのか

はたまた特殊塗料なのか。

そして水性の塗料なのか油性の塗料なのか。

 

今日この話をしようと思ったのは

昨日、娘の工作の仕上げで

表面にシールを使って飾り付けをしたのですが

剥がれてきそうだったので上から

クリヤーの塗料(透明の塗料です)を塗ったのです。

 

 

すると

ファイル 2016-08-23 10 38 14

 

わかりますでしょうか?

シールのゴールドの部分が剥げてきたのです。

奥に見え「LIFE」の文字のシールは剥げていません。

 

これはこのダイヤモンドの形をしたシールに

塗られている塗料が弱く

上に塗ったクリヤーの塗料の方が強かったために

下の塗料が剥げてしまったのです。

 

これと同じような事が

外壁や屋根でも起こります。

 

 

前回塗られている塗料が弱いものだったり

密着が不充分だった場合に

上に塗料を重ねた際に不具合がでることがあります。

 

 

また劣化をしていないと

上に塗料を重ねられないものもあります。

 

なかなか

前回の塗り替えでなんの塗料を使ったかまで

覚えていらっしゃる方は少ないですが

今回塗替えをする際には

渡してもらった書類などはしっかりと保管しておくのが

いいかと思います。

PAGETOP