*為になる話* なぜ塗装をしなければいけないのか?

「そろそろうちも塗替えしなくちゃな」

「ご近所さんも塗り替えてるしうちもやらなくては」

「10年経ったしやらないとなぁ」

 

…となんとなーく塗替えをしなければいけないことを

知っている方は多いとは思います。

中には自分のお家が塗替えしなければいけないかを

知らなくて、営業マンの人がきて

塗り替えをしなければ!という気持ちになる方も多いと思います。

 

でも

なぜ、塗替えをしなければいけないのか?

 

理由はわかりますか?

 

 

 

塗り替えをしなければいけない理由

 

最も大きな理由は2つです。

 

 

ズバリ

◎美観 と

◎素材の保護

です。

 

まず一つ目は美観です。

これはみなさんお分かりのように

新築の時のピカピカのマイホームも

10年もたってくると紫外線で色があせてしまったり

汚れやコケ痛みなどもでてきます。

 

塗り替えをすることで

またピカピカになり、色を変えて

イメージチェンジをすることができます。

 

 

 

二つ目は

素材の保護(防水)です。

 

美観ももちろん大切ですが、最も大切なのは

この二つ目の素材の保護、防水機能の復元です。

 

家を傷める原因の

1位は雨水と湿気、 2位は紫外線 です。

それに加え地震や台風の振動と

お家は常に過酷な状況の中にいるのです。

 

塗膜で外壁や屋根材を保護しているのですが

塗膜が劣化していくと

外壁も屋根材もどんどん水を吸いやすい状態になり劣化し

鉄部もサビ、木部も腐りなどの劣化が進んでいってします。

 

 

そうなってしまう前に

塗り替えをして新しく塗膜を作り防水機能を復元させ

お家を守る必要があるわけですね。

ひび割れがでている所は補修をしたり

目地の部分を補修したり

塗り替えだけではなく

お家の劣化状況にあわせて

お家のメンテナンスをする事がとても

大切になってきます。

 

 

PAGETOP