*為になる話* 塗り替えをすると決めたきっかけ ~その1 築4年目の状況 ~

おはようございます

寒い日が続きますが皆様体調など崩されていませんか?

日中は晴れ間もあり施工中の現場も作業が進んでいます

 

我が家の工事も進んでいます

そんな今日は我が家を施工を決めたきっかけを

皆様にお伝えしたいと思います。

 

周りの方はどんなタイミングで塗替えしようときめるのか?

どの状態なら塗替えしなければいけないのか?

なんとなく10年たったら塗替え!

というのは皆さんのなかでも思って見える方も多いと思いますが、

実際に

築年数でどのような症状が出てくるのか、気になりますよね?

 

我が家もちょうど10年目での塗替えになります。

10年目だから塗替えをしなくてはいけないということではなく

家の状況を見ていく中で10年目の今年がそのタイミングでした。

 

その劣化状況も含め、

リアルなお家の状況や塗り替えのタイミングをお伝えしていきます。

 

お家の構造、建てられたメーカー、工務店、使用されている壁材や屋根材、

新築の時に使用された塗料、立地条件によっても

劣化の状況は様々です。

 

同じ施工会社で建てられたおうちでも

劣化の仕方は違っていますので、

必ずしも同じ症状がでるという事ではありませんので

ご了承ください。

 

 

 

まず、長くなりますので今回は劣化に気づき始めた時期の事を

お伝えします!

 

この仕事をさせていただいてますので

定期的に我が家の状態は確認していました。

10年前に新築し、外壁はサイディング材で屋根はカラーベスト屋根です。

なので両方ともメンテナンスが必要な素材になります。

 

新築して4年目…

南面でチョーキング

北面でコケ

ベランダの壁にコケ

の症状が出始めていました。

触ると手に白い粉が付きます

結構ついていますね…

北面のコケの状況

うっすらですが壁が緑色っぽくなっているのがわかりますでしょうか?

これがコケです。

この時点では窓より左側に発生していました

 

これは2010年の写真です。

日の当たる南面はチョーキングが始まっていました。

北面は日が当たらないのと

お風呂場の窓もある事で湿気もありコケが生えはじめていました。

 

築4年という事もあり、

この時点ではまだ塗替えすることは考えてはいませんでした。

 

その2に続く…

 

PAGETOP